コンタクトレンズのこすり洗いの方法の基本

清潔を保つために、コンタクトレンズのこすり洗いを毎日行います。
ハードレンズとソフトレンズでは方法が異なります。
どちらにしても、まずは手を洗って清潔な状態にします。

ソフトレンズの場合、洗浄液をレンズに垂らし、表と裏をそれぞれこすります。
そして、洗浄液を保存液ですすぎます。

ハードレンズの場合は、レンズの種類によって研磨剤入りの洗浄液を使います。
レンズを手のひらの上に乗せ、洗浄液を数滴垂らします。
そして、レンズの内側を指でこすって洗います。

このとき、レンズの外側もきれいになるように、手のひらの上をレンズが前後左右に動くようにして洗います。
優しく泡立てるように、30回ほどこすります。

どちらのタイプのレンズでも、こするときに爪がレンズに当たらないように注意します。
レンズが傷ついたり破れてしまうことがあるからです。

また、ハードレンズは水道水ですすいでも良いですが、ソフトレンズの場合は絶対に水道水につけないようにしましょう。

カテゴリー: 視力   パーマリンク

コメントは受け付けていません。