うつぶせ寝の姿勢はいびきに効果あり?

仰向けで寝るといびきをかきやすいのが事実だとしたら、うつ伏せで寝れば、いびきは解消するのでしょうか?
確かにうつぶせ寝でいびきが改善されたという人はいます。
下を向くことによって、舌が喉の奥に落ち込むのを防ぎ、気道を確保できるからです。

しかし、この体勢は首や背骨に負担をかけてしまう場合もあり、仰向け寝の方が健康にいいとも言われています。
特に胸の大きい女性は、うつ伏せで寝ることにより胸が圧迫されるので、寝苦しさの方が勝ってしまうようです。

いびきの解消のためとはいえ、無理な姿勢では安眠できません。首に負担を感じない高さの枕を選ぶ必要があります。
うつぶせ寝用のアイテムも市販されていますが、普段仰向けで寝ている人にとって、もっとも無理がないのは、横向きの姿勢で寝ることです。

横向きの姿勢で寝るために、手軽で有効なのは抱き枕です。
抱き枕は、肩凝りや腰痛にも効果があります。

カテゴリー: いびき   パーマリンク

コメントは受け付けていません。