表情筋トレーニングでいびき対策

いびきをかく人の多くは、鼻呼吸ではなく、口呼吸になっています。
本来動物は鼻で呼吸をします。口呼吸は、自然な状態ではないのです。
自然な状態ではないので、さまざまな弊害が現れます。

口で呼吸することにより、口の中や喉が乾燥してしまい、細菌やウイルスが侵入しやすくなり、抵抗力や免疫力が低下します。
また、虫歯にもなりやすくなり、細菌による歯周病や口臭の原因にもなります。

普段気がつくと口が開いてしまっている人は、顔や唇の筋肉が衰えています。
通常時に舌の位置が下前歯の裏にある人は、口呼吸の可能性が高く、寝ている間も口をあけて寝ていることが多いようです。
試しに下前歯の裏側に舌先をあててみると、口が開き気味になるのが確認できます。

唇を含む顔の表情筋をトレーニングで鍛えることによって、口呼吸は改善されます。
専用のトレーニング器具も販売されています。
表情筋トレーニングは、シワ対策やリフトアップ、小顔効果もあるので、女性は試してみる価値ありです。

カテゴリー: いびき   パーマリンク

コメントは受け付けていません。