仮性近視と真性近視

近視の人は意外に多く、自分の周りでもコンタクトレンズを装着している人って、気がつくと結構いたりします。

でも、近視と単に行っても、仮性近視と真性近視と大きく分けて2種類あります。
よく子供の頃に、ある日学校の黒板の字が急に見えづらくなったという経験をしたことがあると思います。もちろん、大人でもそういった状態になりますが、これは仮性近視の状態で、まだ近視が固定していません。
この状態ですと、すぐに眼科医で相談すると、ミドリン等の目薬を処方してもらい、自分でも疲れ目にならないように、気をつけていると、真性近視にいたることを防げる場合もあります。

視力回復トレーニングで、遠近を交互に見ながら、回復させる方法もあるようです。
いずれにしても、どんなことでも早期発見して、すぐに処置を施すことで、それ以上の進行を止めることができますので、もし、いつもと違う症状が目に感じたら、すぐに行動することが大切です。まず、眼科医に行って、相談してみましょう。

また、できるだけ目を疲れさせないように、気を配ることも忘れないようにしましょう。

カテゴリー: 視力   パーマリンク

コメントは受け付けていません。