身長は出世に関係ある?

身長の高低が出世に関係があるといわれているようですが、その節は二通りあります。

身長が低いことをコンプレックスに感じている男性は、他の良い面でカバーできるよう仕事をバリバリとして出世するという説。
身長が高い男性は身体が大きい分、見下ろす形になり態度が優位に見えることで、出世に有利に働く説。
前者は真っ当な出世の仕方のように思いますが、後者はどうなのでしょう。

アメリカではこんな例があります。
昔から太っている人は自己管理ができない人とみなされ、雇用されにくかったり、出世ができないといわれていたのは有名ですよね。
最近では、そこに身長の高い人の方が出世しやすい傾向があると付け加えられるとか。

ニューヨークタイムズの記者が調査したことによると、大企業500企業における男性CEOの平均身長は183cmと高身長揃いなのだそうです。
アメリカの男性の平均身長は175cmといわれていますから、差は歴然ですね。

企業での女性差別や人種差別がなかなかなくならないのと同様に、身長の高い男性はリーダーシップに長けているというような、ただ単なるイメージが身長の低い男性を差別していることを表していると指摘されているそうです。

カテゴリー: 身長   パーマリンク

コメントは受け付けていません。