枕の高さといびきの密接な関係

1日8時間を睡眠時間と考えると、1日の3分の1、つまりは人生の3分の1は眠っている時間ということになります。
こう考えると、寝具は重要なアイテムだということがわかると思います。

特に枕は、大切な頭を乗せて使用します。「枕が合わない」「枕がかわると眠れない」一般によく聞きますね。

自分に合った枕を使うことで、いびきにも効果があります。
枕の高さは、高すぎても低すぎてもよくないようです。
枕が高すぎれば、喉を圧迫して気道を狭くしていびきをかきますし、低すぎても口を開けて寝てしまう口呼吸の状態になり、いびきをかいてしまいます。

理想的な枕は、頭を乗せた時に、頚椎と脊髄が直線的になる高さの枕です。
とはいえ、市販の枕でそこまで正確に、自分に合ったものを見つけるのは大変です。
そのため、オーダーメイドの枕を作る人も増えているようです。

自分に合った枕を使うことにより、いびきだけでなく、肩や首の凝り、頭痛や不眠にも効果があります。

カテゴリー: いびき   パーマリンク

コメントは受け付けていません。