身長の伸びと停滞期

背が伸びる、伸びないは本当に人それぞれで、早くから伸びる子もいれば、高校に入ったくらいから急に伸びる子もいます。
そして、成長期の途中に伸びが止まってしまう停滞期もみられることがあります。

この停滞期は、本当に停滞しているものか、第二次性徴期に入った後の伸びが下降しているかのどちらかになります。
第二次性徴期はいわゆる思春期で、男子は精通、発毛、声変わりがおこり、女子は初潮、胸のふくらみ、発毛がおこります。
この時期は思春期スパートともいわれ、身長が著しく伸びる傾向にありますが、数年後には大人の身体となって成長はストップします。

一般的に、思春期を迎えるのが早い人ほど、それだけ早く成長期を終えてしまうので、最終身長は低い傾向があります。
逆に、思春期を迎えるのが遅い人は、成長期自体が長くなり、最終身長は高くなる確率が上がるということです。

中間停滞期か成長がストップしつつあるかを知るには、思春期の早熟・晩熟に鍵があるようですね。

カテゴリー: 身長   パーマリンク

コメントは受け付けていません。