アルコールを飲むといびきをかきやすくなる?

お酒を飲んで寝るといびきをかきやすくなるという事実は、一般的にも知られています。
なぜアルコールを摂取して寝ると、いびきをかきやすくなるのでしょう。

アルコールは、筋肉を弛緩させます。
身体に力が入らなくなって尻もちをついたり、ちゃんと座っていられなくなり、だらしない格好をしてしまう…という体験を、飲みすぎたことのある人なら経験していると思います。

これと同じことが、舌や喉にも起こります。筋肉が緩んで気道が狭くなり、いびきをかきやすくなってしまうのです。

またアルコールで血行が促進され、鼻の血管が膨張して、腫れたようになります。
結果として鼻づまりになりやすく、口呼吸をしてしまうことにより、いびきをかきやすくなります。

「寝酒」という言葉があるように、寝つきが良くなるという理由で、就寝前にお酒を飲む人は多いようですが、実際には良質の睡眠の妨げになります。
また、飲酒しないと眠れないという習慣をつけてしまうことは、アルコールに依存することになりますので、できれば寝酒は控えた方が良いでしょう。

カテゴリー: いびき   パーマリンク

コメントは受け付けていません。