成長ホルモンの効果は身長を伸ばすだけではない

成長ホルモンは脳下垂体から分泌されるホルモンで、骨を作る効果の他に、筋肉を作り、肌や脂肪の代謝を助け、発毛や育毛促進にも効果があるといわれています。

年を取るにつれ、骨や筋肉が衰え体力は低下、肌にハリツヤがなくなり、体脂肪も増えてきていることを実感する人も多いと思いますが、これは、成長ホルモンの減少が関係しているのです。

スポーツ選手やボディビルディングでは、筋肉をつけて運動能力を高めるために成長ホルモンを摂取している人もいますね。

また、成長ホルモンは別名、若返りホルモンとも呼ばれ、体全体を若々しく保つ効果があるので、アンチエイジングに成長ホルモンを摂取するという人もいるようです。
夜更かしは美容の大敵といわれるのは、成長ホルモンが睡眠中に分泌されるためです。
熟睡しているときに一番多く分泌されるので、毎日の質の良い睡眠が鍵となるのです。

身長が伸びることと、成長ホルモンの関係性がよく語られることはありますが、筋肉づくりや若返り作用については知らない人も多いのではないでしょうか?

カテゴリー: 身長   パーマリンク

コメントは受け付けていません。