視力が眼鏡で悪化する?

視力が急に悪くなって、遠くのものがはっきり見えないことを認識したら、それはもしかすると仮性近視かもしれません。
仮性近視は、まだ近視になる前の状態で、治療しだいで回復する可能性があります。

しかし、特に子供の場合、目が悪くなった際にすぐに眼鏡を使うと、視力がかえって悪化するという話をどこかで耳にしたことがあるかもしれません。
レンズを使って、目の見え方を矯正しているので、そのまま眼鏡をかけ続けていると、自分の目も焦点距離が伸びてしまいます。
そうなると、それなしでは、ものをクリアに見ることが出来なくなっていくのです。そして、視力もどんどん下がってきます。
ですから、ずっと使い方として、ずっとかけているのではなく、本や雑誌を読む時では、はずして見ること。そして、黒板の文字等、ちょっと遠くを見るのが困難な時は、装着するという方法を取るほうがいいでしょう。
また、時々裸眼で、遠くをじっと見て、目のトレーニングを行うことも忘れないようにすれば、ある程度回復することも可能でしょう。

カテゴリー: 視力   パーマリンク

コメントは受け付けていません。