白髪染めが皮膚についたらきちんと落としてあげましょう

髪を染め終わってふと見ると、染料がいろんなところについているのはよくある事なのではないでしょうか。
頭皮や手、爪などどうしてもついてしまいます。よほど気をつけない限り、仕方のない事です。

白髪染めはもともと白いものを黒く染めるものなので、皮膚についたらかなり目立ってしまいます。
場合によっては黒いシミのように見える事もあるかもしれません。せっかく白髪を染めて若返ったのに、一方で肌に黒いシミのようなものができたのでは意味がありません。鏡を見た瞬間に慌ててしまうのではないでしょうか。

でもそのままシミになって残るという事はありません。時間がたてば自然と薄くなるので、少し待ってみましょう。
昔からある方法としては灰を利用した落とし方などもあります。水に濡らして灰でこするとだいぶ落ちます。
またそれ専用の化粧品なども売られているようです。マニキュアの除光液のような感じですね、試してみるのもいいかもしれません。

カテゴリー: 白髪   パーマリンク

コメントは受け付けていません。