コンタクトで視力が落ちる?

まず、眼鏡でもコンタクトでも、装着をしているだけでも、目にある程度負担をかけていることですので、視力が落ちる可能性は十分あります。
ただし、眼鏡に比べると、コンタクトのほうが、目が悪くなりません。しかし、目に直接装着することで、角膜を傷つける場合もあります。

ドライアイの人は、目にいれると乾いているので、大変痛く感じるでしょう。また、レンズを出し入れしているので、時々細菌に感染するといったことも起こります。
角膜を傷つける可能性が極めて多いので、扱いには十分気をつける必要があります。
ということで、眼鏡よりは、視力低下の進行を遅くする働きはあるものの、やはり角膜にトラブルを起したり、細菌感染といったことが心配です。
こういったことが起こるようであれば、レンズを目に装着しても、目が悪くなる原因ともなります。
レンズをキレイに洗浄して、毎日使用するために、正しい使用を怠らないように注意しましょう。

どんなものでも、使い方しだいでより改善できたり、あるいは悪化したりするということです。

カテゴリー: 視力   パーマリンク

コメントは受け付けていません。