寝ている間に視力矯正

視力を矯正するためには、いろいろな方法がありますが、なるべく手術をしないで、目をよくしたいと思っている人も多いと思います。
実は、そういった方法があります。この方法で目の筋肉を丈夫にして、視力が回復してゆきます。

それがオルソケラトロジーという療法です。寝ている間に、専用のコンタクトレンズをつけると、軽度の近視が治療できるものです。この特殊なコンタクトレンズとは、高酸素透過性ハードコンタクトレンズのことで、近視で角膜が異常屈折しているものを矯正して、正常な状態にする治療法です。

このテクノロジーがさらに進化して、最近では、オサートというテクノロジーも開発されました。この技術で、強度に進んでしまった近視も乱視も、さらに遠視や老眼までの矯正できるようになりました。また、適用できる年齢の範囲も広く、4歳から88歳までの方であれば、矯正できるようになっています。

この治療をたくさんの有名スポーツ選手が利用して、視力を上げている例がたくさんあります。

カテゴリー: 視力   パーマリンク

コメントは受け付けていません。