近視と遠視を同時に治療する

通常、近くのもがが見えないというのは遠視の状態で、遠くのものが見えにくいというのは近視の状態です。
近視と遠視が同時に起こるというは考えにくいのですが、両方の目がそれぞれ遠近違う見え方になる人がいます。

これは、目の屈折異常で起こりますが、眼精疲労になったり、肩こりあるいは頭痛等のトラブルも出てきます。屈折異常が起きている場合、身体のほかの病気も考えられますので、もし、突然視力が下がった場合は、迷わず医師に相談することが大切です。
レーシックの手術でも、とりあえず近視、遠視、乱視等を治療することは可能なようです。眼鏡やコンタクトレンズ等の使用も考えられますが、いずれにしましても、基本的に両目の見え方が裸眼でまったく異なる状態ですので、普段からこのような状態でいることは、目だけでなく、身体にも負担を生じてくることは確かです。
ですから、まず自分にあった方法を探して、試すことが第一です。また、同じ症状も持つ他の人のコメント等をネットなどで探して、参考にするのもいいでしょう。

カテゴリー: 視力   パーマリンク

コメントは受け付けていません。