視力が不安定になる原因

視力は、いつもある一定を保っていると思う人も多いと思いますが、実は、視力は不安定になる場合があります。
それは、天候によって左右したり、朝と夜とでは見え方が違ったり、あるいは、糖尿病等の重病になると、視力も一緒に衰えてしまう場合があります。

ドライアイの人も、あるいは赤ちゃんの授乳中にもこういった症状がでてきます。逆にそういった状態が激しい人は、頭痛や眼痛、背中の痛み等、他にも身体の調子がトラブルを起すこともありますので、注意が必要です。
また、レーシックを受けた人が、こういった症状を訴えることもあるそうです。
ただし、子供の場合は別で、子供は精神的な緊張があると、その日その日で目の見え方も変化することがあるようです。それらは、どうやら心因性で目に障害が起こっているとされています。
いずれにしましても、いろいろな原因が考えられますので、まずは専門医に相談して、早期に行動を起こすことが、結果的に快方に向かうポイントです。素人的に自己判断せずに、評判のよい医師に相談しましょう。

カテゴリー: 視力   パーマリンク

コメントは受け付けていません。