オルソケラトロジーによる遠視の治療について

オルソケラトロジーで遠視が矯正できるとされていますが、実際には近視の場合ほどの効果が期待できないようです。事実、そういった方が利用している例はそれほど多くないようです。

この技術は、レンスをつけている間に角膜の屈折率を正常に戻すようにする技術です。
近視の場合は、角膜をフラット化させることで見えるようになりますが、遠視の場合はスティープ化させて見えるようになるのですが、これを角膜に施すことがより困難になります。ですから、もし、近くのものが見えづらいと言って、オルソケラトロジーで治療を考えているのでしたら、まずこういった制約があることを念頭において、眼科医に相談してみましょう。
矯正ができたという例は少ないながらもあるようですので、それがどの程度なのか等、もっと詳しく尋ねたり、あるいは自分でもネット等を利用して、情報を収集してみるのもいいでしょう。場合によっては、もっと効果的な方法が見つかるかもしれません。

カテゴリー: 視力   パーマリンク

コメントは受け付けていません。