コルネアプラステイーについて

近視治療には、最近さまざまなテクノロジーが用いられています。今やコンタクトレンズやメガネだけがオプションでなく、その他にもレーシック、オルソケラトロジー、オサート等あります。さらに、現在アメリカで開発されている近視治療のもので、コルネアプラステイーという技術があります。

この治療法は、オルソケラトロジーをさらに進化させた方法です。角膜を矯正することはオルソケラトロジーでも同じですが、特殊なコンタクトレンズの使用を止めると元の視力に戻ってしまうというものでした。しかし、コルネアプラステイーでは、この上にさらに特殊な酸素を与えて、そのまま近視だった視力を半永久的に治療して固定してしまう技術です。

さらに、一度の治療で効果がなくても、何度もやり治して視力を上げることができるというものです。この点でも、レーシックのように一度やったら、もう2度と元に戻せない手術と異なります。ただし、今現在日本での導入はありませんが、おそらく2,3年先には認可になるように治験が行われています。

カテゴリー: 視力   パーマリンク

コメントは受け付けていません。