軸性近視でも視力回復

軸性近視の人の眼球は大きくて、遠くのものが見づらく、網膜が薄くなっていますので、網膜剥離の危険もあると言われています。

これは、角膜までの長さが大きく、網膜の前で焦点を合わせているからです。遺伝によって生じる可能性が大きいと言われています。
先天性の場合、幼児期に発症する場合もあります。ただし、最近は子供でも体格が大きくなっているので、眼球もそれに伴って大きくなっているようです。そのため、軸性近視になる子供もずいぶん多くなっているということです。
視力回復には、レーシック手術を施すことになりますが、通常の視力回復トレーニングでは、効果はあまり期待できないとされています。ただし、これを行ったからと言っても、網膜が厚くなるわけではなく、そのまま薄い状態は変わりありませんので、引き続き網膜剥離になる危険は、なくなったわけではないことを考慮に入れておきましょう。完治できるものではありませんが、治療でなんとか視力が向上するので、その後のケアも慎重に行うことをお勧めします。

カテゴリー: 視力   パーマリンク

コメントは受け付けていません。