オルソケラトロジーで乱視が治療できるか?

オルソケラトロジーは、高酸素透過性のコンタクトレンズを眠っている間に着用して、視力を矯正する方法です。
まずよい点は目の角膜を傷つけることがありませんので、安心して着用することができます。

また、寝ている時のみレンズをつけるので、通常のコンタクトレンズのように、日常着用している煩わしさがありません。また、低から中程度の乱視の方なら、視力がこれで回復する可能性があります。

実はなんと近視や老眼にも適用が可能ですので、それほど強度な乱視でないのであれば、利用して効果が大いに期待できるものです。例えば、最近ちょっと視力が落ちたほどの低度であれば、十分回復する可能性がありますので、まずは眼科医に相談して、詳しい情報を取り寄せてみてください。

この治療方法は、ほとんどの人にOKですが、稀に合わない人もいますので、自分でもよくリサーチしてください。あまりに強い乱視であれば、違う方法を薦められることもあるかもしれません。

カテゴリー: 視力   パーマリンク

コメントは受け付けていません。