身長は遺伝によるとは言い切れない?

身長は親の遺伝で決められる、と言いきるのは少々乱暴です。
もし、遺伝で決まってしまうなら、兄弟同士や姉妹同士は必ず同じ身長であるということですよね。

実際、私の父は168cmで母は156cm、そして私の身長は167cmで妹は171cmになりました。
これからもわかるように、実際は身長差なんてバラバラです。バラバラなのは、生活環境の違いが関係しているからです。

両親が低めの身長でも娘たちが高い身長なのは、何が原因となったのでしょう。
言えることは、よく寝ていたことと、部活でスポーツを続けていたことでしょうか。

小学生のころから、身長順に並ぶ時は常に後ろの方。
幼稚園まで昼寝をさせることは多いですが、その後も何かといえば家で昼寝をさせられた記憶があります。
高学年になってからはずっとスポーツをしていて、夕食前に帰宅してはすぐたくさん食べるというかたちでした。
朝練習などもあったので、夜は9時10時には就寝していましたね。

高校に入って、私は文系の部活に変え、食べる量や就寝時間などの生活が変わりましたが、妹はそのまま同じような生活を続けていました。
このあたりが多少なりとも差になったのではないかと思っています。

カテゴリー: 身長   パーマリンク

コメントは受け付けていません。