睡眠時無呼吸症候群は手術で治るのか?

結論から言いますと、睡眠時無呼吸症候群の治療で、ただちに手術を行うことは、あまり多くないようです。
扁桃腺肥大よる気道の狭さや、軟口蓋(なんこうがい)周辺に、無呼吸の原因がある場合、あるいは鼻の形による呼吸困難などが原因になっている場合には、外科手術の対象になることがあります。
部位によっては、比較的手軽なレーザー手術で対処できる場合もあります。

しかし、手術をしたからといって、全ての人が完全に睡眠時の無呼吸症状が治るわけではないようです。
これは睡眠時の無呼吸には複合的な原因が考えられるからです。
また手術前に結果を予測することはたいへん難しいようです。
手術によっては入院が必要な場合があり、判断は慎重に行う必要があります。

ただし、気道が広がることによって呼吸がしやすくなり、いびきが治まる他、高血圧や循環器系の症状を緩和する効果も期待できます。
扁桃腺肥大で喉を腫らし、熱を出すことが多い人の場合は、手術による治療も視野に入れてもいいかもしれません。

カテゴリー: いびき   パーマリンク

コメントは受け付けていません。