やっぱり仰向け寝はいびきの原因?

ほとんどの人が、いびきをかく時は仰向けに寝ています。
仰向けで寝ると、下の根元が喉に落ちやすくなり、気道を狭くするからです。
また、仰向け寝は口が開きやすくなるのも、いびきをかく原因です。

うつ伏せ寝でも横向き寝でもいびきをかく人がいますが、その場合は重度の肥満や、扁桃腺肥大、鼻の形状や病気などが考えられます。
正常な範囲の、寝息のようないびきであれば、心配する必要はありません。

肥満の場合は痩せる努力をすることですが、扁桃腺や鼻に原因がある場合は、耳鼻咽喉科などできちんと診察してもらうことをおすすめします。

仰向けで寝た方が身体にいいとも言われていますが、いびきをかく人の場合は、仰向けで寝るのは避けた方がいいでしょう。

横向きで寝るだけでも、かなりいびきは改善されます。
とはいえ睡眠中のことですから、自然に仰向けになってしまうことも多いでしょう。
その場合、背中にクッションのようなものを置いて仰向けになるのを防いだり、抱き枕を抱いて寝るのも有効な方法です。
仰向け寝を防止する枕なども販売されているようです。
ウェストポーチを背中にセットして、その中にテニスボールを入れるのも効果的です。背中にものを固定することで、自然と横向きになるという方法です。

カテゴリー: いびき   パーマリンク

コメントは受け付けていません。